検診を

笑顔の男性歯科医師

歯科衛生士の活躍する職場は概ね、歯科病院です。
難しい話しですが、医学のなかで歯科は、特別に歯科医師という別枠があります。
資格や免許も、ひと頃むかしに治療にかかっていた時には、助手さんのお仕事のように記憶されている方もおおいはずです。
このように医療は今、医療周辺領域という分化した、「医療福祉」という領域での処方が期待されています。
こうした風な現代の特徴は、高齢社会の生活様式によるものでしょう。
いまさらながら、隣ご近所の軒づたいにも、お年寄りが増えていることが実感できます。
医療もまたさらに、活躍できる人材と、高齢者とお年寄りの自立のために頑張っているのです。
そこで先ほどの、歯科領域の専門看護の分野で、歯科衛生士という免許ができたわけなのです。

さらに在宅で家にいながら、老人ホームのような専門医療を受けられる、介護保険サービスがあります。
そこから、大切な歯を守るサービスが、特化して受けられるようになったのです。
活躍するのはスタッフであり、介護生活での在宅を往診する医療が増え始めています。
言うならば、口部のなかの残歯が生存の絶対指数のようなものになります。
元気なときには、誰しも食欲が沸くものです。
これは歯がなくなるのが先か、食欲がなくなったから歯のお手入れが不足するのか、というように相関関係の極みとなります。
大切な歯を守る医療福祉サービスの提供者となるのです。
そして、自宅への介護訪問が適応する介護保険サービスの、担い手として活躍が期待されるわけなのです。